肉の焼き加減でこんな間違いをしていませんか?

こんにちは!
かなです!

 

今回はホームパーティーやお祝いで、

ステーキを焼く時役立つ、

 

焼き加減の見分け方

 

をレクチャーいたします!

f:id:sorashion0205:20190508154754j:image
折角奮発して購入したステーキ肉も、

焼き加減次第で硬くなってしまったり、
生すぎてしまったり…


好みの焼き加減に、

なかなかならなかった事はないですか?


そもそも、

肉の焼き加減を、

ぶっつけ本番で好みの焼き加減に仕上げるのは、

 

かなり技術が必要です


また、家族の中で、


お父さんはレア。
子供はウェルダン。
わたしはミディアムレア…などなど、

 

好みが違っていて、
お肉を別々に焼いた時に、

全部同じ仕上がりになってしまう…!!

 

なんて事がありませんか?


今回レクチャーする方法は比較的簡単で、

なおかつスグに実践可能です!


折角買った良いお肉を、
皆さんの好みにあった焼き加減で、

美味しく頂きましょう!


これで料理スキルもアップします!

 

まず方法としては、

焼きあがっていく肉の硬さと、
手の平親指の根元の筋肉とを比べて、

焼き加減を見定める方法です!


お肉の焼き加減は、


レア→ミディアムレア

→ミディアム→ウェルダン

 

と大まかな段階に分けられています!


そこで、

自分の左手の親指と、人差し指の先を合わせて、

OKの形を、作ってください!

f:id:sorashion0205:20190508154909j:image
その時の親指の根元の硬さが、
レアの焼き加減の硬さに近い硬さになります!

 

そのまま人差し指を離し、
中指と親指の先を繋げると、
今度はミディアムレアの硬さになります。

 

人差し指がレア、
中指がミディアムレア、
薬指がミディアム、
小指がウェルダンと…


順々になっているので、わかりやすいと思います!

f:id:sorashion0205:20190508154928j:image

この方法でステーキ肉を焼いてみてください!


お好みの焼き加減に、きっとなってるはずです!


最後まで読んでいただきありがとうございました!