誰もがやっている掛け合わせの秘密

こんにちは!かなです。

 

 

いきなりですが、


昆布と鰹節(出汁)


鶏肉のトマト煮込み


のような、

 

f:id:sorashion0205:20190424023940j:image

 

食材を合わせる事によって
旨味成分を出す方法

 

がある事をご存知ですか?!

 

 

 

今回は一緒に調理したり、
食べあわせる事によって、
旨味を引き出す方法をお伝えします!

 

 


食べあわせで、
旨味を引き出す事が出来れば…

 

 

化学調味料を使わなくて済む

 

顆粒出汁、コンソメやブイヨンのキューブ
鶏がらスープの素などでは出せない
深みのある味を出せる

 

自然の食材を使うので
健康面も心配になりません!

 

 


もし組み合わせが分からなかったり、
そもそも知らなければ…

 


なぜ、トマトと鶏肉なのか
なぜ、昆布と鰹節なのか

 

分からないまま、何となく食べてしまいます。

 


また、レストランや料亭で、


「あの料理は美味しかった!」


と思っても、

 

家で再現出来無い可能性があります!

 

 

 

自分の料理が1パターンなのは、
この食べ合わせを、

知らないからなのではないでしょうか…

 


食べ合わせ、一緒に調理する事によって、
旨味成分を掛け合わせ…

f:id:sorashion0205:20190424021602j:image

今よりも1ランク上
料理をつくってみましょう!

 


まず旨味成分としては、


グルタミン酸 (野菜に多く含まれる)
イノシン酸 (肉や魚に多く含まれる)
グアニル酸 (キノコに多く含まれる)

 

の3種類がありますが、
今回特に重要なのが!!

 


グルタミン酸イノシン酸を、
掛け合わせる事で行われる


相乗効果

 

です!


いきなり難しい単語がいっぱい出てきて、
分かりにくいと思いますが…


簡単に言えば、

 

 

野菜+肉又は魚=相乗効果

 


という事です!

 

f:id:sorashion0205:20190420132917j:image

 

<グルタミン酸が多く含まれる食材>
昆布、チーズ、白菜、トマト、アスパラ
ブロッコリー、玉ねぎ、醤油、味噌…etc

 

 

<イノシン酸が多く含まれる食材>
鶏肉、牛肉、豚肉、カツオ、カツオ節、
マグロ、海苔、ズワイガニ、うに…etc

 


です!

 


これらの食材を使い、

和洋中料理の様々な用途で使い分ける事によって、
相乗効果により、

いつもより美味しいと感じる味を出す事ができます!

 

 


その時の調理工程で一番おススメなのは、


煮物や、お鍋の様な、

水分が多い調理法

 

です!

 

f:id:sorashion0205:20190424021827j:image

なぜかと言いますと、
水に溶け出した成分が結合しやすいとの事!!

 

 

なので、

和食の出汁や、洋食のブイヨンは、
深みのある旨味を感じる事ができるのです!

 

 


今日から出汁を取り出したり、
ブイヨンを初めから作るのは、
骨が折れてしまいますので…

 

まずは、先程上げた食材を、
上手く組み合わせて…

 

 

今晩は美味しい豚汁なんていかがですか?

 

 

慣れてきたら、

少しずつ新しい料理に挑戦して…


深みのある美味しい料理で、

心も体も健康になりましょうっ!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。